ホーム > お知らせ

海外への渡航手続き

2017/04/23
日本では4月から年度初めで就職や転勤など大きな転機を迎えます。海外では学校などの入学時期が9月という国も多いようです。このようなことで春と秋には海外へ渡航される方も多いようです。この4月に当院でも数頭の動物たちの海外へ引っ越しをお手伝いしました。これまで何度も渡航手続きをしてきましたが、国によって出国条件が様々ですし、証明書の様式も様々です。マイクロチップの装着、予防注射(混合ワクチン、狂犬病ワクチン)、内部寄生虫駆除、外部寄生虫駆除が主ですが、狂犬病ワクチン接種後の抗体価測定を求められる国、内部・外部寄生虫駆除に関してはほとんどが有効成分や商品名が指定されます。自分の病院で普段扱っていないものがあれば指定されたものを入手して処置しなければいけません。今月出国された飼い主さんは年末ごろからご相談を頂いておりましたので十分な準備期間があり成田の動物検疫所の方とも連絡を取り合いながら準備できましたので比較的スムーズに出国を迎えることができました。
しかし、ご自身の出国の準備に追われペットの出国準備が後回しになるケースもあります。海外渡航予定のある方は人間の準備とペットの準備を同時進行しましょう!

過去に出国手続きした国:アメリカ本土、ハワイ、フランス、ドイツ、台湾、イギリス、ボスニアヘルツェゴビナ、オーストラリア。

マイクロチップの装着について

2016/04/26
当院では開業当初よりマイクロチップの装着を行ってきました。当初は単なる個体識別と盗難対策等が目的でした。しかし、ここ数年自然災害によるペットの逃走や保護動物の所有者不明による”いわゆる迷子”が多発し社会問題となっております。先週起きた熊本地震でも多くのペットが飼い主のもとへ戻ることができない事例が発生しています。
当院で使用しているマイクロチップは以前使用していたものより若干小さくなり挿入のストレスもずいぶん軽減できると思います。皆さんが想像するより簡単に挿入でき小さなものです。関心のある方は事物をお見せできますので遠慮なくご連絡下さい。
ワクチンなどを注射するのと同じ操作で麻酔等をかけることはありません。

病院までの道案内

2016/02/09
はじめて来院される方へ
病院の場所がわからない方はナビを頼りに来院されることがほとんどですが、ナビの種類によっては全く違うところへ案内されることが多くあります。これは地図会社が当院の場所を間違って登録していることが判明しております。これによりこの地図会社のデータを使っているナビシステムではまったく別のところへ案内されます。ナビを使用される方は病院を登録して地図上に「宮崎緑化センター」が隣にあり近隣に「川南工業」があることをご確認のうえ来院ください。
お手数ですがよろしくご確認の上ご来院ください

予約診療の訳

2015/10/19
当院は開院当初から予約診療を基本としています。
これにはいくつかの大きな理由があります。
1.病気の動物の接触を避けることができる
  ⇒犬や猫と行った異なる動物種が顔を合わせずにすむ
  ⇒伝染性疾患の場合は院内感染のリスクを軽減できる
2.1頭1頭じっくり診察できる
  ⇒問診、診断、治療方法の説明等じっくり飼い主さんと話ができます
3.待ち時間がない
  ⇒具合の悪い動物を長時間待たせることは大変なストレスになります
4.緊急患者の処置の準備ができる
  ⇒緊急な場合も例外なく電話予約です。もちろんこの場合は優先的に診るようにして
   おります。
   電話予約の際にある程度症状や状態を聞いて必要な検査・処置体制を整え
   来院したらすぐに処置できるようにしております。
5.病院の待合室が狭い!
  ⇒大きい病院ではないので狭いんです!ごめんなさい!

などなど、予約性のメリットが多くあります。ほとんどの方はしっかり予約いただいておりますので助かっております。
はじめて来院される方については他の病院と違って勝手が悪いかもしれませんがご協力ください。

中医学(東洋医学)治療を希望される方へ

2015/09/16
当院では西洋医学的な治療だけではなく「中医学=東洋医学」的な治療も実施ております。非常に良い手ごたえを感じていおりますし、飼い主さんの満足度もいいように感じております。
特に病院を転々とされる方、遠方から来られる疾患として「椎間板ヘルニア」「運動器・神経疾患」による麻痺が多くあります。どのような治療を受けるにしても早期の段階で治療を開始するのとずいぶん時間が経って治療を始めるのでは治療効果の見え方もずいぶん違ってきます。
もし、中医学に興味ある方・どうかな?と迷っておられる方は早めに受診していただくことをお勧めします。